若林 哲司

助教

出身校:昭和大学

手術の魅力に気づき、急遽、消化器外科へ

私はもともと消化器内科を専攻しようと思っていました。ところが、研修終了間際の2月に手術の魅力に気づかされ、消化器+手術=消化器外科という数式が出来上がってしまい、急遽進路を変更し消化器外科医として歩むことを決めました。消化器外科のやりがいは多数ありますが、中でも急性腹症に対する治療にやりがいを感じます。腹痛で苦しむ目の前の患者さんが日々元気になっていく姿を見ていくのは、医者として患者さんの力になれたと感じる時です。

 

私の専門分野は肝胆膵領域です。術前、術中、術後と気の抜けない領域ではありますが、消化器外科医として厚みが増していくのを日々感じています。現在は内視鏡技術認定医、肝胆膵高度技能専門医取得に向けて研鑽中です。

入局するなら、今がチャンス

藤が丘病院 消化器・一般外科を一言でいうと、『アットホーム』です。技術や学術的な向上心に溢れていますが出世欲がない人が多く(笑)、お互いをサポートしながら仕事をしています。また昭和大学以外の出身者も年々増加し約半数が学外の出身者となっており、広く人材を受け入れる土台ができています。肝胆膵高度技能指導医2名、内視鏡技術認定医を3名有しており、技術の向上も十分に望めます。昨年女性外科医が入局し、これから増えていく女性外科医の勧誘を積極的に行なっております。

 

素敵なスタッフ、確かな指導力、豊富な症例。やや少ない人員。

藤が丘病院に来るのは、今がチャンスです。このホームページを見て興味を持って下さった方の力を是非貸して頂き、共に素晴らしい医局を作っていきたいと思います。いつでも見学に来て下さい、お待ちしています。

消化器・一般外科

当科では研修医を募集しています。

これまで昭和大学藤が丘病院 消化器・一般外科では、上部あるいは下部消化管疾患やソケイヘルニアなどの一般外科の治療、なかでも内視鏡下での外科治療に実績を積み上げて参りましたが、2018年7月より新たな診療体制となり、肝胆膵疾患に対する高難度手術も十分対応可能な体制となりました。

Copyright (C) Department of General and Gastroenterological Surgery, Showa University Fujigaoka Hospital,医局活性化プロジェクト. All Rights Reserved. 

昭和病院.png
長崎病院.png
山王台病院ロゴ190930_2.png