柴田 栞里

​後期研修医

出身校:横浜市立大学

外科医として成長できる環境

平成29年卒、入局1年目の柴田栞里です。

横浜市立大学を卒業後、昭和大学藤が丘病院で2年間初期臨床研修を行い、今年度藤が丘病院消化器・一般外科に入局いたしました。現在昭和大学北部病院の外科専攻医プログラムに所属しており、他外科のローテーションを行った後10月より藤が丘病院で働く予定となっております。

もともと精神科を志していましたが、初期臨床研修の中で手術と全身管理ができ、また外傷診療にも関わる科に進みたいと考え、消化器外科を選択しました。

 

当医局はアットホームな医局でとても頼りになる先輩方から温かいご指導を受けることができ、相談等もしやすい環境です。また余談ですが先輩方との食事会はとても楽しいです。人数が多くない分大変でもあるとは思いますが、沢山の症例を経験することができ、成長につながると思っております。

女性外科医を増やしていきたい

現在当医局に女性医師はおらず、男勝りでもない私が一人で入局することに不安はありましたが、逆に女性医師でも働ける環境を自分がこれから作っていければと考えております。

当医局の良さは一度見学に来ていただければ伝わると思いますのでぜひ見学にいらしてください!

消化器・一般外科

当科では研修医を募集しています。

これまで昭和大学藤が丘病院 消化器・一般外科では、上部あるいは下部消化管疾患やソケイヘルニアなどの一般外科の治療、なかでも内視鏡下での外科治療に実績を積み上げて参りましたが、2018年7月より新たな診療体制となり、肝胆膵疾患に対する高難度手術も十分対応可能な体制となりました。

Copyright (C) Department of General and Gastroenterological Surgery, Showa University Fujigaoka Hospital,医局活性化プロジェクト. All Rights Reserved. 

昭和病院.png
長崎病院.png
山王台病院ロゴ190930_2.png