塩澤 敏光

助教

出身校:聖マリアンナ医科大学

チーム力のある医局

研修医・学生の皆さんへ。2012年に聖マリアンナ医科大学を卒業し、昭和大学藤が丘病院で初期研修を行い、2014年に入局しました塩澤 敏光です。他大学で初期研修を行う事にも多少の不安な事はありましたが、研修医1年目の10月に消化器・一般外科を回らせて頂き、強いチーム力、消化器外科の面白さ、そして内視鏡外科手術に強い魅力を感じました。

研修医1年目にもかかわらず術者も経験させて頂き、手術の難しさ、そしてそれ以上の興味深さも教えてもらいました。入局して何年か経った今から思えばこそ、自分の前に立って頂いた先生のありがたさを実感します。

外科医としてのやりがいを必ず実感できる

当教室では上部消化管・下部消化管・肝胆膵・ヘルニアなどの一般外科領域と幅広く手術症例を扱っており、昭和大学藤が丘病院が3次救急に対応してER症例も豊富な事から、緊急手術も多く扱っています。術前・術後カンファレンスや、トレーニングセミナーや勉強会なども盛んで、教育環境にも恵まれています。昭和大学の分院4病院で行う4病院合同カンファレンスなる勉強会も年4回あり、他施設の交流も盛んに行われ、お互いに良い刺激を感じる場となっています。

現在では外科医としての女医さんの働く環境作り、そして働き方改革以前よりいち早く積極的なチーム主治医制やタスクシフティングなどを取り入れていた事と、昭和大学病院の積極的な働き方改革の流れも併せ、労働環境の整備にも強く取り組んでいます。

 

臨床・手術、学会発表など本当に多くの貴重な経験ができ、充実した毎日を送っています。外科は大変というイメージがありますが、それ以上に外科医としてのやりがいやダイナミズムを、当教室では必ず経験することができます。

みなさんの入局を心よりお待ちしております!!

まずは見学・研修から!よろしくお願いします!

消化器・一般外科

当科では研修医を募集しています。

これまで昭和大学藤が丘病院 消化器・一般外科では、上部あるいは下部消化管疾患やソケイヘルニアなどの一般外科の治療、なかでも内視鏡下での外科治療に実績を積み上げて参りましたが、2018年7月より新たな診療体制となり、肝胆膵疾患に対する高難度手術も十分対応可能な体制となりました。

Copyright (C) Department of General and Gastroenterological Surgery, Showa University Fujigaoka Hospital,医局活性化プロジェクト. All Rights Reserved. 

昭和病院.png
長崎病院.png
山王台病院ロゴ190930_2.png