関根 隆一

助教

出身校:昭和大学

この医局を選択して本当に良かった

はじめまして、関根隆一と申します。私は2010年昭和大学卒で2012年より昭和大学藤が丘病院消化器・一般外科に勤務しています。出身は神奈川県で県立湘南高校に通っていました。部活動は小学生から大学まで野球部でした。多くの仲間と共に汗を流した経験は今の自分にも生きています。ちなみに最近はまっていることはマラソンです。

 

話は変わりますが、私は大学時代より外科手技に興味がありました。特に消化器疾患に興味があったことや、全身管理ができる外科ということで、消化器外科を志しました。初期研修後どこの病院で後期研修をするか迷っている時、当時医局に在籍していた大学時代の部活の大先輩より熱いお誘いを頂きました。人生の分岐点と思い当時はかなり迷いましたが、妻の後押しもあり藤が丘病院消化器・一般外科医局に入局することに決めました。結論から言うと、自分はこの医局を選択して本当に良かったと思っています。

外科医としてのキャリアを積める

私たちの医局の魅力は、人数がそこまで多くないこともあり入局早期から多くの手術に参加し、助手そして術者を経験することができることです。対象疾患は消化器悪性疾患全般や腹部救急疾患、ヘルニアなども幅広く経験することができます。また、外科系の学会は数多くありますが、自分が演題に登録していれば何度でも参加することができ、最新の医療に触れる機会にも恵まれています。資格に関しても、普段の診療を行っていれば、外科専門医、消化器外科専門医と順調に取得することができます。近年は内視鏡外科学会技術認定医の取得者も増えてきています。また学位取得も可能であり、当医局では論文博士(大学院に通わず取得する形式)で取得する者が多いです。

 

そして何より、医局の雰囲気がとにかく明るいことが一番の魅力だと思います。ただの上司、同僚、後輩を超えた関係性があり、困ったときには遠慮なく相談することができます。時には家族ぐるみで付き合いもあります。そういう意味では妻子持ちの人でも働きやすいのではないかと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。消化器外科にちょっとでも興味がある先生がいましたら、ぜひ当医局で私たちの仲間として一緒に働きませんか?いつでもお待ちしております!!

消化器・一般外科

当科では研修医を募集しています。

これまで昭和大学藤が丘病院 消化器・一般外科では、上部あるいは下部消化管疾患やソケイヘルニアなどの一般外科の治療、なかでも内視鏡下での外科治療に実績を積み上げて参りましたが、2018年7月より新たな診療体制となり、肝胆膵疾患に対する高難度手術も十分対応可能な体制となりました。

Copyright (C) Department of General and Gastroenterological Surgery, Showa University Fujigaoka Hospital,医局活性化プロジェクト. All Rights Reserved. 

昭和病院.png
長崎病院.png
山王台病院ロゴ190930_2.png