診療実績

当科の紹介

主な対象疾患

これまで昭和大学藤が丘病院 消化器・一般外科では、上部あるいは下部消化管疾患やソケイヘルニアなどの一般外科の治療、なかでも内視鏡下での外科治療に実績を積み上げて参りましたが、2018年7月より新たな診療体制となり、肝胆膵疾患に対する高難度手術も十分対応可能な体制となりました。

当科で積極的に診療をしている主な疾患は以下のとおりです。

 

●上部消化管疾患

食道・胃・十二指腸ポリープ、粘膜下腫瘍、食道・胃・十二指腸がん など

 

●下部消化管疾患

大腸憩室、虚血性腸炎、大腸ポリープ、大腸がん など

 

●肝臓疾患

肝細胞がん、胆管細胞がん、転移性肝がん など

 

●胆膵疾患

急性胆嚢炎、総胆管結石、胆嚢ポリープ、胆道がん、膵がん、神経内分泌腫瘍、膵嚢胞性腫瘍 など

 

●その他

急性虫垂炎、ヘルニア、小腸腫瘍 など

大腸・小腸疾患の手術総件数
腹腔鏡手術・開腹手術件数

根治性を担保しながら安全かつ低侵襲な治療を提供するために、積極的に腹腔鏡下手術を大腸疾患・小腸疾患にも取り入れています。

鼠径部ヘルニア
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医2名を中心に若手医師とともに診療にあたっている。

  • 2013年に成人鼠径部ヘルニアに対して、低侵襲治療である腹腔鏡下鼠径ヘルニア修復術(TAPP:Transabdominal preperitoneal repair)を導入し、治療の第一選択としている。

  • 2019年度は教室の傾向もあり少し症例数が減少したが、100病変(81%)に鏡視下手術が施行された。

  • 2013年から2019年までTAPP781症例施行し、TAPP後再発4例(0.5%)である。初期の症例であり、2016年以降は経験していない。

腹壁(瘢痕)ヘルニア
  • 腹壁(瘢痕)ヘルニアに対しても、基本的には低侵襲治療である腹腔鏡下修復術を第一選択としている。

  • 腹腔鏡下修復術(LVHR)では、術後Seroma予防、mesh bulge予防、腹直筋機能改善などを目的としたヘルニア門閉鎖+メッシュ修復術(IPOM-plus:Intra-peritoneal onlay mesh)を基本術式としている。

肝胆膵疾患の手術件数

胆管乳頭部癌領域では、16例中11例が高難度手術であり、PDが9例を占めている。

膵臓手術30例のうち高難度手術は20例を占めている。門脈浸潤例には門脈合併切除を5例に施行している。
また胆膵癌に対する膵頭十二指腸切除術は23例と症例数は非常に増えてきている。

肝切除は全体で43例であり、そのうち肝癌16例、肝転移22例であった。また再肝切除症例4例、門脈塞栓術併用肝切除6例とALPPS手術を1例に施行しており、今後も切除可能な肝臓病変に対して積極的に切除を行っていきたいと考えている。2020年からは腹腔鏡下肝切除も徐々に導入し、症例数を増やしているところである(2020年8月までで9例施行)。

ガイドラインに準じ、胃癌をはじめとする悪性腫瘍に対する胃切除を行っています。

胃切除
食道切除

当院では食道癌に対する食道切除は行っておりません。

生存率

消化器・一般外科

当科では研修医を募集しています。

これまで昭和大学藤が丘病院 消化器・一般外科では、上部あるいは下部消化管疾患やソケイヘルニアなどの一般外科の治療、なかでも内視鏡下での外科治療に実績を積み上げて参りましたが、2018年7月より新たな診療体制となり、肝胆膵疾患に対する高難度手術も十分対応可能な体制となりました。

Copyright (C) Department of General and Gastroenterological Surgery, Showa University Fujigaoka Hospital,医局活性化プロジェクト. All Rights Reserved. 

昭和病院.png
長崎病院.png
山王台病院ロゴ190930_2.png